▌バイオグラフィーワークとは

七年周期のライフストーリーに学ぶ  参加体験型ワークショップ

「バイオグラフィーワーク」とは、

わたしたち一人一人の「バイオグラフィー(人生の軌跡)」を紐解きながら、

「わたし」という人間と、その周辺にある「世界」を理解しようとする

ソーシャルアートワークです。

 

具体的には、クレヨンや水彩、粘土、または動きや物語など、

さまざまな芸術表現の力を借りながら、

シュタイナー教育やアントロポゾフィー医学の根幹にある

「七年周期」に沿って自らの人生を振り返ります。

自分の人生を俯瞰して眺め、さらにグループでの対話(ダイアローグ)の力に支えられ、

それぞれの経験の背後にある意義や本質を見出そうとするワークショップです。

 

わたしは、どこから来て、どこへ行くのでしょうか?

そしてこの人生で、何をするのでしょう?

 

バイオグラフィーワークを通じて、豊かな自己発見の旅をグループとともにたどる時、

「ああ、そうだったのか」と一人では見えにくかったものに気づくことがあります。

何か一つでも思い至ったその時に、心の奥底にあったものが、

あたたかな陽の光に溶けゆくのではないかと思うのです。

 
▶︎続きを読む「バイオグラフィーワークの概要」

 



▌バイオグラフィーワーカーズ・ジュピターについて

ジュピターは木星。日本各地にバイオグラフィーワークの輪が広く、深く、拡がっていくことを願って2008年1月に設立されました。会員は、一般社団法人バイオグラフィーワーク・ジャパンの教育プログラムである「バイオグラフィーワーカー養成コース」のファウンデーションコース/アドヴァンスコースで約5年間の学びを修了しています。所属するワーカーたちは、日本各地で随時ワークやバイオグラフィー研究発表の場などを主催しています。

 

▶︎続きを読む「ジュピターについて」


New! リレーコラム

「ワーカーの徒然に」

 

ジュピター会員によるエッセイ的コラム。いま、何を思い、何に興味を惹かれ、どんな活動をしているのか。ワーカーが日々つれづれに想うことなどをリレー方式で執筆し、定期的に更新します。

続きを読む「リレーコラム」へ


各地のワークショップやセミナー、イベントなどの参加者募集のご案内です。