バイオグラフィーワークとは

自分を知りたければ、

世界をよく見てごらん。

 

世界を知りたければ、

自分自身の内奥へ、

目を向けることだ。

 

 

 

ルドルフ・シュタイナー

黒板画:ゲーテ「水の上の霊たちの歌」よりイメージ

バイオグラフィーという言葉は、

 

一般に著名な人々の生涯を

書き記したもの「伝記」として

 

知られています。

 

 

けれど

 

人智学の土壌から生み出された

バイオグラフィーワークの焦点は、

私たち自身の生の

物語(ライフストーリー)なのです。



一人ひとりのバイオグラフィーを、

その人独自のものに形作るのは、

私達が生きた経験なのです。

 





バイオグラフィーワークは

 


私達の人生の

 

そこここに

うずもれている宝物を

 

掘り起こし、

 


自分自身の経験に学ぶ

自己教育のプロセスだと

まず

紹介したいと思います。


(社)バイオグラフィーワーク・ジャパンHPより一部抜粋

【グループワーク】

七年周期のライフストーリー

 

 

バイオグラフィーとは、

 

わたしたち一人ひとりの

「人生の軌跡(ライフストーリー)」

 

のことです。

 


バイオグラフィーワークでは、

 

シュタイナー教育や医学の根幹をなす

「七年周期」に沿って、

 

自らの人生を読み解いてゆきます。

 

 


豊かな自己発見の旅を

グループとともにたどるとき、

 

一人では見えなかった

自分自身の魂の願いやテーマが、

 

少しずつ

立ちのぼってくることに気づきます。

 

 

 

 

 

日常の出来事の意味に学ぶ

 

バイオグラフィーワークでは、

 

日常の小さな出来事に

秘められたメッセージや、

 

経験の本質に気づく

プロセスや方法を学びます。

 

 

 

 

 

自己発見のグループワーク

 

ペアや少人数のグループで、

人生経験の一場面をシェアします。

 

 

他者との交流の中で、

人は真に自己を発見し、

 

成長することができるのです。

 

 

 

 

 

アート&メモリーワーク

 

バイオグラフィーを観察するために、

 

クレヨンや水彩画、彫塑、

あるいは動きや物語などを用い、

 

芸術的表現を通じて

経験の本質を探究します。

 

 

 

 

 

対話&傾聴(ダイアローグ)

 

 

「傾聴(他者への関心を育てること)」と

「対話(自己表現)」のバランスを学び、

 

コミュニケーション能力や、

健全な関係性を築く力を育みます。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーー

 

バイオグラフィーワークの基本的ガイドライン

 

 

(1)開かれた姿勢、オープンさ。できるだけ無理はしない。

 

(2)プロセスを信頼する。体験を信頼する。

 

(3)守秘義務。グループで聞いたことをグループ外へ持ち出さない。他言しない。

 

(4)判断を保留する。新しい視点を得るため、習慣となっている判断を一時保留する。


(5)ゆっくりすすむ。速度を落とす。あせらず、学びのプロセスを大事にする。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

ワークの大まかな流れ

 

通常3時間程度のワークです。

(1)出会いの時間  導入と軽いペアワークなど。
(2)本日のテーマの説明
(3)アートワーク  テーマに沿って、人生の一場面を見える形にします。
(4)シェアリング  3人グループで、お互いにその場面を語り、傾聴し合います。
(5)振り返りの時間 全体での短いシェアリングと、今日の感想とまとめ。

 

 

【BW研究発表】

バイオグラフィーワーカーが

興味と愛情をもって
選んだ人物について

研究発表をします。

 

 

その人生の出来事には
どんな意味があったのか。

その人物の想いは
何だったのか。

その社会的な影響とは。



七年周期や鏡映関係など

バイオグラフィーワークの
今までにない視点から

あらためて、

 

その人物の人生を

とらえていきます。